ヒーリングガーデンバナー
ヒーリングガーデンホームページ

可聴帯域

犬 自然界にある音は1ヘルツから数百万ヘルツまでかなり広い帯域に存在するといわれていますが、私たち人間には20ヘルツか ら2万ヘルツまでの限られた帯域の振動しか「音」として感じ取ることができません。子供たちは2万ヘルツ以上の音を聞くことができる場合があるようですが、高い周波数帯域の可聴領域の限界は年齢とともに下がり、老齢になると1万ヘルツ以上の音はだんだん聞こえなくなってきます。また20ヘルツ以下の音は耳では聞こえませんが、身体で空気の震えとして感じる場合もあります。

犬や猫など動物たちの可聴領域は広く、イルカやこうもりなどは20万ヘルツの音まで感知することができるといわれています。そして人間がいちばん聞き取りやすいのは500ヘルツから4000ヘルツの周波数帯域の音です。

  next>>


このページのトップへ